5年生(A、B) 練習試合

宇留賀です。

4/16(日) 森ヶ崎G

大田区U-12リーグを、AB2チーム作りエントリーするため、その振り分けのテストマッチ、選手のみなさんには、バンバンアピールをしてもらいたいところですが…

vs 馬三

スタートは、AB共に20分ハーフ1試合ずつ、その後は時間まで20分回しということに…

まずはAチーム候補、相手のAチームは全て6年生のもよう…

当然うちの5年生に比べれば、大きくて速い…

こういう相手にどれだけ出来るか、と言うことになりますが…

やはり出だしから、スピード、パワーに圧倒され、あっという間に怖じ気づき、戦意喪失…

普通にやられて、結局4失点くらいしたのかな、たぶん…

正直、相手によってここまで闘えないチームになるとは思っていませんでしたが…

このチームも例に漏れず、歴代と同じようにまずは闘争心を鍛えるところからスタート、と言うことになりそうです…

前期Jr.リーグを闘った相手のように、特に厳しい体の接触も無く、綺麗に抜き去ってからパス、綺麗に抜き去ってからシュート、そして空中戦をヘディングで争わなくても、簡単にボール奪取…

そう言うサッカーを、互角、又は互角以上の相手にやろうとしても、当然やらせてもらえる訳もなく、結局最後は逃げるだけ…

本来ならそこで、体をぶつけ合いながらバランスを崩してでも、もしくは倒れながらでも、相手より半歩先に足をだし、パスをしたりシュートを打ったり、ボールを奪ったり、そしてヘディングをしたりしなければいけないわけですが…

相変わらず綺麗なサッカーをしようとし過ぎて、そういうことを嫌がり、そして逃げる…

こういうことをやっていては、ある程度のチーム相手なら、大勝できるかもしれませんが、いつまでたってもこれ以上は強くなれないでしょうねぇ…

まだまだ、これからもポジション争いは流動的で、色々と試しながら進めていきますが、そんなことよりも何よりも、誰が何処のポジションをやっても、一人一人がしっかりと闘えるチーム作りから、と言うことになりますかね…

まぁ、ゲームとゲームの合間に、同じ事を言い続け、少しずつは良くなっていき、最後の方では互角、風向きによっては互角以上に闘えるようになってきたことは、素晴らしかったと思います。

この短い時間の中で、それなりに変わっていける適応力は、今後も期待できそうですし、楽しみにはなってきますが、3歩進んで3歩下がる、なんてことは今までも数えきれないほど経験していることなので、全ての事に一喜一憂せず、どっしりと構えて鍛え上げていきましょう…

そして、Bチーム…

こちらのほうは、最初の1試合分を私が見させてもらい、その後の20分まわしは重盛コーチにバトンタッチ…

まずは、1試合目…

新年度立ち上がりの大事な週の出席率が、あまりにもよろしくなかったので、その時に練習に来てくれた選手たちだけでやることに…

まぁ、相手チームがそれなりに緩めだった、と言うこともありますが、なかなか良いサッカーを展開しています…

なんと言っても、Bチームの選手たちがとても一生懸命やって、そして更に得点シーンなんかがあると、大いに盛り上がりますねぇ…

低学年並みのオフサイドを連発するコウイチロU君に至っては、私も怒るのを通り越して、つい笑ってしまいましたが…

その後、20分回しで出場した選手たちも、とても一生懸命闘い、なかなかの素晴らしいゲームでした。

よく頑張りました!

ナイスプレー!

ただし…

読んでもらっても分かる通り、私のコメントはAチームに対してと、Bチームに対してとでは、とても温度差があると感じると思います…

そして、その感じる温度差が、現在の実力の差になるでしょう…

まだ、もう少し先のお話しにはなりますが(たぶんそれでも、あっ、と言う間)、暑い熱い夏がやって来ると、7月あたりからJAカップ(5年生大会)が始まります…

今回からルールが変わり、第1、2、3ピリオド制に(前、後半では無く)…

そして、第1ピリオドに出場した選手は、第2ピリオドには出場出来ない(第3は自由)…

なので、最低でも16人の登録選手が必要になってきます…

現在5年生は22人いるので(1人休部)、とりあえず頭数だけはなんとかなりますが、出場するからにはひとつでも多く勝ちたい…

なので、なので…

最低でも16人の闘える戦士が育ってくれなければ、大変困る事になる訳です…
(もちろん、それ以上育ってくれるのは大歓迎!)

なので、なので、なので…

Aチームの選手はもちろんのこと、Bチームの選手諸君…

宇留賀コーチの、こんな気持ち悪~い優しいモードは、これでおしまーい!

低学年並みのオフサイドに笑っていられるのも、これが最初で最後でーす!

(GKのイージーミスに笑っていられるのも…)

全5年生諸君…

これからの厳しい練習を、全ての選手がなんとしてでも乗り越えて、1分でも多くの出場時間と、1つでも多くの勝利を目指して、闘い続けていきましょー!

応援をしてくださった保護者の皆様、ありがとうございました。

これから1年間、よろしくお願いします。

設営、審判をしてくださったコーチの皆さん、ありがとうございました。そしてお疲れさまでした。_(..)_

追記(その一)

久しぶりに出ました…

試合直前に、ポンポンが痛くなる選手…

こればっかりは、どうしようも無いので、ベンチで休んでてもらうしかないわけですが…

もちろん、良くなったからといって、すぐに出場できるわけではありません…

しばらくは安静にしててもらい、20分回しになった頃、様子を見ながら出場…

そうしたら…

2点も取っちゃった…

ユウT君、これが君のルーティンなら、これからも、毎回ポンポンが痛くなってもらったほうが、いいのかもしれませんねぇ…

追記(その二)

本日は、6年生がフットサルの練習をするということで、前年度の卒業生が練習相手に集まってくれました…

毎年、卒業したてのこの時期に遊びに来てくれる卒業生は多いですが、やっぱり、俺はもう中学生なんだぜぇ、みたいな…ちょっと大人の雰囲気を醸し出しながらグランドに入ってくるのが常ではあります…(カッコ良く5号球を持って…)

しかしこのチームは、まぁ、良い意味で無邪気と言うか幼いと言うか、グランド内の小学生に混じっても、なんら違和感は無く…

これで青のユニフォームを来ていたら、普通に 森ヶ崎に溶け込めるでしょう…

もちろん、良い意味で…

身長が1ミリ伸びた、ソウT君…

ほっぺたがちょっとふっくらしてきた、キョウシN君…

自信満々に水筒を無くした、トR君…

今のほうが楽しそうな、リアーR君…

ボソボソと少しはしゃべるようになった、アオChan

矯正ブリッジがキラリ、と光り、笑顔が素敵な、ケI君…

珍しく1度も私に怒られなかった、カイT君…

とりあえず来てみた、タクM君…

そろそろ月謝をもらわなければいけない、ワタR君…

そろそろ短パンを買ってもらったほうがいい、コウT君…

今日は犬のエアー散歩じゃ無かったのね、ハヤT君…

みんな、ありがとう_(..)_

また、いつでもサッカーをやりに 森ヶ崎に来てください、待ってます…(青のユニフォームで来てもいいからねぇ…)

ただ…

「全く、練習相手にならなかった」と…

柏木コーチ 談…

ウーノ招待少年サッカー大会

DSC_0612.JPG

宇留賀です。

4/8(土) 木更津市桜井運動場

大田区は朝から雨…

木更津の天気を調べてみても、1日中雨のもよう…

電話で問い合わせてみましたが、決行ということで…

まぁ、大田区の、雨が降ればすぐ使用不可になる、軟弱なグランドにならされてしまっているので、今日は無いかもしれないなぁ、なんて思ってしまいましたが…

考えてみれば、サッカーというスポーツは、基本的には雪が降ろうと、どしゃ降りの雨であろうと、行う競技なので(雷以外は)…
ぐずぐず言ってないで、さっさとアクアラインに乗り、いざ木更津へ…

やっぱり普通に雨…

グランドも水溜まり状態…

当然、普段練習していることは、なかなか出来ないと思いますが、これもひとつの経験、と言うことで…

vs 北条FC

案の定、ドリブルもパスも水溜まりでボールは止まり、お互いにバタバタの泥んこサッカー…

ただでさえ、キック力の無いうちの選手たちが打ったシュートは、ゴール前の水溜まりで力無く止まってしまい、ゴールにさえも届かない状況…

もう、笑うしかないですが…

そんな中、レNが打ったシュートがなんとかゴールラインまで転がり、しかも良いコース…

ラインを越えたか越えないか、微妙な所で止まったボールは、ゴールインとジャッジされ…

ゴール…

なんとも冴えない微妙なゴールではありましたが、1点は1点…

とりあえず、ナイスプレー!ということにしておきましょう…

後半に入ると更に雨は強くなり、そんな中自陣ゴール前の混戦から、同点ゴールを決められる…

そして、このまま引き分けかと思われた残り時間僅かなところで、右からのプラス気味のクロスを、待ち構えていたレNが押し込み…

多少なりとも、サッカーを知っている方なら(逆サイを覚えたお母さんでも…)、この文章を読んでお気付きだと思いますが…

そう、ベンチから見ててもオフサイド、かと…

しかし、なんのお咎めも無く…

ゴール…

ミッキー 2-1 北条FC

レN君の微妙な2ゴールで、微妙な勝利…

まぁ、なんにしても、このチーム最初の公式戦を勝利で飾れたことは、幸先いいスタートです。

泥だらけになりながら、みんなナイスプレー!

さあ、この運にも助けられた勢いに乗って、リーグ1位を目指して次戦へ…

vs 高柳FC

高柳vs北条が、1-0で高柳…

なので、総得点まで考えると、うちは引き分けでもOK、もちろん勝つに越したことはありませんが、有利な状況ではあります…

1試合目よりは、いくらかましにはなってきたグランド状況ですが、それでも所々に水溜まり、そしてぐちゃぐちゃ…

お互いに、なかなか思うようなサッカーは出来ません…

そんな中またもや自陣ゴール前の混戦から失点…

本日はほとんどがこういう失点でしたが、相手がシュートを打とうとしているときに、誰も身を挺してブロックしようとする選手がいない…

見てるだけ…

こんなことをやっていては、これからの試合も、たぶん負け続けることになってしまうでしょう…

似たような失点で0-2とされ、後半残り5分くらいのところで、なんとか1点返し(だけど、そのボールを拾って、センターサークルまで運ぼうとする選手は1人もいない…)、あと1点取って追い付けば、1位になれるチャンスはまだまだあるのに、勢いに乗って活気付く感じは、ほとんど無し…

そして、相手に追加点を取られるべくして取られ、終わってみれば…

ミッキー 1-3 高柳FC

試合後の、ずぶ濡れで、泥だらけの姿だけを見ると、もの凄ーく闘った感は出しているので、負けたとしても思わず「ナイスプレー!」と言ってしまいそうになりますが、見た目に誤魔化されず冷静に振り返ってみると…

全く闘って無い…

とにかく相手の蹴ろうとするボールに対して誰もいかない、もしくは後ろを向いて逃げるだけ…(だから、キックフェイントにバンバンひっかかる…)

ミスに対してのコーチングにも、全く学習能力は無し…(同じミスの繰り返し…)

キャプテンに至っては、寒いからと言って、背中にホカロンを貼って出場しようとする始末…

1試合目では、相手に蹴られたか踏まれたかで痛そうにしてたので、一応、代わるか…?と尋ねたところ、もの凄ーく素直に「うん…」と…

痛さは、本人にしかわからないことなので、どうしようもありませんが、少したてば普通に歩いていたし、2試合目もなんの問題もなく走れていたので…

(サッカーではこれからも、こんな瞬間的な痛みを負うことはいくらでもあるんですが…やっぱり痛みは本人にしかわかりませんからねぇ…)

他人と比べたりするのは、あまり良くないことだとはわかっていますが、それでも敢えて言わせてもらえば…

前年度のキャプテンだったら、絶対にこんなことは無かったでしょうねぇ…

まぁ、それでもなんとか考えながら闘っていた選手は何人かいましたが、中でも5年生のハルT君、ナイスプレー!でした。

そして、現在6年生にGKがいないので、本職では無いにも関わらず(今のところは…)、ミッキーゴールを守ってくれた、やはり5年のゲンK君、も…

ナイスプレー!

6年生…

技術的にも問題は大ありですが、更にそれ以前に、闘争心、そして学習能力を必死で身に付けていかないと、これからそして卒業まで、なかなか勝てるチームにはなっていけないでしょう…

前回のblogにも書いたように、今回はミッキーのベストで臨む、ということになったので、場合によってはほとんどが5年生になっても不思議では無い現状…

なので、私が見させてもらえる、ということになりましたが…

先日の練習試合で、思いのほか6年生が頑張ってくれたので、6年生だけでもある程度なんとかなるかもしれない、と…結局5年生は3人だけしか連れて行きませんでした…

しかし、悪い予感だけは当たるようで、あっ、と言う間の失速…

このチームに対しての公式戦コメントは、たぶん今後はなかなか書く機会が無いと思われるので、今のうちに、と…ちょっと厳しい言い方になってしまいましたが、なんとか6年生だけでも、しっかりと闘えるチームになってくれることを、願ってます…

雨の中、引率、応援をしてくださった保護者の皆様、ありがとうございました。

同じく、雨の中、そしてとても寒い中、3試合もの審判をしてくださった高徳&塩田コーチのお二人、本当にありがとうございました_(..)_そしてお疲れさまでした。

追記

大の大人が、こんなことを真面目に語り合っていたら、流石に笑われてしまうとは思いますが…

それでも真剣に語らせていただくと…

新年度になり、担当コーチの入れ代えも多少あり、5、6年担当は、木本コーチと高徳コーチが入れ代わったわけですが…

木本コーチは、自称超晴れ男、そして高徳コーチは、自他ともに認める超雨男…

今思えば前年度まで、遠征に出ても、そう言えば悪天候で苦労することはあまり無かったなぁ、と…

(木本パワー…?)

そして、今年度は…

一番最初の遠征で、いきなりの大雨…

それでも、そろそろ止んできたかなぁ、とホッとしていると、高徳コーチが審判でピッチに入った瞬間、またまた降り始める…

(ほんと大袈裟では無く…)

審判を一緒にやった塩田コーチが、もう勘弁してください、と、真剣に高徳コーチに言っていましたが…

高徳コーチ曰く…

「これから今シーズン1年間、こんなもんじゃ無いよ…」と、自信満々に…

まだ、1年近く先の事にはなりますが、八丈島には高徳コーチ1人で行っていただこう、かと…

新5、6年生 練習試合

宇留賀です。

4/2(日) 森ヶ崎G

さぁ、新年度のスタートです。

今年度は、新6年生が8人、新5年生が23人となり、いろいろとチーム編成を、草刈代表はじめ、担当コーチで話し合った結果…

リハウスリーグ用に、1チーム、大田区リーグ用に、2チーム(A、B)を作り、1年間闘っていくことに決まりました。

そして、一応私が学年代表と言うことにはなりますが、主に6年生で闘うことになりそうなリハウスリーグは、高徳コーチがメインで、そして私が5年生チームをメインで、ということになります。

選手諸君、そして保護者の皆さん、1年間よろしくお願いします。

まずは、前年度も参加させていただいた、ウーノ招待少年サッカー大会(千葉)…

これも、草刈代表はじめ担当コーチでの話し合いの結果、ミッキーのベストで臨むことに…

つまり、5年生、6年生は関係無し、ということで…

なので、つい最近までの、闘争心も含めあまりやる気を感じられない彼らのままだったら、ほとんどが新5年生に、ということもあり得るわけです…

そして、今回はそれを見極めるために組んだ練習試合、相当な危機感を持って闘ってもらわなければ、困るところですが…

さて、さて…

vs 八潮

毎年この時期、新6年生になると自覚が芽生えてくるのか、突然一皮剥けたサッカーを見せてくれる、なんて事がありますが、このチームも例に漏れず、なかなか良いサッカーを展開しています…

もちろん、今現在1人1人が持っている実力の範囲内、ということにはなり、ダメ出しをすれば、まだまだいくつも問題点はありますが…

何よりも、闘う姿勢が素晴らしい…

みんな、ナイスプレー!

この日のこの感じなら、5年生の力をそんなに借りなくても大丈夫かなぁ、という思いにもなりました…

が…

その勢いも最初だけで、あっ、と言う間に失速してしまう、これも毎年のことなので、出来れば勢いそのまんま、突っ走ってもらいたいと願ってます。

そして、そんな姿を1年間見守っていければ、と…

で、新5年生…

今年度、まずは我々の課題…

練習試合、うちの3チーム編成に、ちょうど良く対応してくれそうなチームが、なかなか見つからない…

(今回も探してはみましたが…)

また、仮に見つかったとしても、3チームずつで回すのは、1チームあたりの試合時間が短くなり、さらに待機時間が長くなってしまう…

なので、5年生の2チームだけで、ということも当然考えていくわけですが…

今回は、まずAチームのメンバーを決めましょう、とこういうことになり、候補の10何人かを呼び、この中から、10人前後に絞ることになりました…

それ以外の選手たちは、午前から練習、ということになりましたが、集まったのはたった4人…

練習試合なら、もっと集まったんですかねぇ…

新年度が立ち上がり、もう5年生にもなって、さあこれから、という時に、その程度のモチベーションなら、こちらも真剣に対応しようと思う気持ちが、正直薄れてきますが…

まぁ、なんにしても出席してくれた、アユM、ケンT、コウイチロU、そしてマサT、ありがとう。これからも一緒に頑張りましょう。

で、試合の方は…

まぁ、いろいろと前評判の高いチーム、ということではありますが、そこはやっぱりまだまだ新5年生…

課題は沢山見つかり、これからの練習への参考にもなりましたが、やはり焦らず一歩ずつ一歩ずつ、ということになりますかね…

焦らず、と言えば、ちょっと早めに来て、午前の練習に参加してくれた、選手たちが沢山いましたが、その練習中に捻挫して、午後からの練習試合に出れなかったツバS君…

この短い離脱の間に、今まで頑張ってきたことが、消えて無くなってしまうわけではないので、焦らずしっかりと治して、また沢山のナイスプレーを見せてください。待ってます。

両チーム共に、それなりに良い感触で、これからの可能性を感じさせてくれて終わった1日…

全ての選手の皆さん、これからの1年間、厳しい練習を全力で乗り越え、サッカーを全力で楽しみ、そして、勝利を全力で目指して突き進んでいきましょー!

まだまだ寒い中、熱い応援をしてくださった保護者の皆様(「逆サイ!逆サイ!」ご夫婦)ありがとうございました。

1年間、応援よろしくお願いします_(..)_

設営、審判をしてくださったコーチの皆さん、ありがとうございました。そしてお疲れさまでした。

追記

毎年、新年度を迎えると思うことですが…

果たして、このblogの読者はいらっしゃるのか…

もっともらしくメッセージを送ったりしていますが、どなたも読んでいなかったら、一方通行に…

もし、読者の方がいらっしゃいましたら、 森ヶ崎で《いいね》と言ってくだされば…

で、卒業生の選手&保護者の方が、もしもまだ目を通してくれていたら…

この場を借りて…

この日、 森ヶ崎に沢山の卒業生が 顔を出してくれました、それはとても嬉しいことで、大歓迎ではありますが…

(練習終了10分くらい前に、片手を腰に当てて、お決まりのポーズで登場した卒業生もいました…)

森ヶ崎G内でのサッカーは、遊びではありませんので、サッカーをやるつもりなら、最低限それなりの格好で来てください…_(..)_

ジーパンなどでは、やはりやらしてあげることは出来ません…

ソックスもサッカーストッキングとまでは言いませんが(もちろんそれがベスト)、せめて少し長めの…(アンクルは×)

そして、これからだんだん暑くなってきますが、アンダーシャツだけでの参加もNGとなります…

いつでも来てくれるのは大歓迎ですが、その辺のところだけは、よろしくお願いします_(..)_

卒業生&保護者の方で、もしもまだ読んでくれている方がいらっしゃいましたら、連絡簿などで伝えていただければ助かります。

よろしく…_(..)_

東京都大田区のジュニアサッカークラブ ミッキーSC
Powerd by IT活用支援のUNIKsystems