8ブロックU-12リーグ(後期)

宇留賀です。

9/27(日) 辰巳G

残り3戦の、本日は2試合…

そして1試合目は、現在グループ1位の相手…(1試合消化が多いですが…)
3位以内でトーナメントに進出するためにも、絶対に勝たなければならない試合です…

vs チャンプ

フェスティバル1回戦で当たった相手…
あの時はなんとか1-0で辛勝…

今回はハーフ15分なので(フェスティバルは20分)
時間が短いぶん『0-0』は十分にあり得る…

(うちは、そういう試合大好きだし…)

なので、出来れば早い時間帯でのゴールが欲しい…

(全世界のサッカー関係者が、思っていることではありますが…)

で…

たまには、期待に応えてくれる選手たち…

ソRの素晴らしいFKを、タケヒKが見事なヘディングシュート、そしてゴーーール!!!

ナイスプレー!

こうなればうちのペース、後半代わって入ったレNが、粘ってクロス…
それをキャプテンソウTが合わせて追加点!(良い響きの言葉…)

そしてとどめは、相手ゴール前の混戦、キャプテンソウTが粘って(相手GKに怒られる…)こぼれ球をシュウTがドッカーン!更なる追加点(この言葉大好きです…)

ミッキー 3-0 チャンプ

守っては、またも無失点…

ナイスゲーム!

絶対に勝たなければならない試合に快勝…
もう一度、ナイスゲーム!

久しぶりに、ストレスの溜まらない試合を見ることができたので、次戦もこの勢いに乗って闘ってもらいたいところです…

コーチとしては、残りの2戦もしっかり勝って、1位抜けを目指しているので、この時点での状況はあまり気にしていませんでしたが…

タクミコーチから、これで3位以内は確定しました、との情報をもらう…

まぁ、選手たちに伝えると、気がゆるむ恐れがあるので、黙っていようと思いましたが…

保護者の方々からの情報で、わかってしまったもよう…

選手たち、ちょっと笑顔…
良かった、良かった…
(ゆるんだ、ゆるんだ…)

で、vs ヘラクレス

ルーKの素晴らしいパントキックをシュウTが追いかけ、そのままダイレクトボレー!

名付けて…

「飛んだ先は、ボールに聞いてくれー!」シュート!

シュウT君の得意中の得意なやつ…

宝くじ並の確率のものが、今回大当たり!

ゴーーール!

ルーK、ナイスアシスト!
シュウT、ナイスゴール!

めったに当たらない宝くじも当たり、こうなったらどう考えてもうちのペース…

そして、ケンT君がやってくれました!

最終ラインから、ボールを奪い、そのままドリブル&ワンツーで、一気に相手GKと1対1…
そして、誰もが苦手にしている左足で見事にゴーーール!

ナイスプレー!

今後のミッキーの新しい武器として、ぜひぜひこれからもこういうプレーを常に意識して、闘ってください。期待しています。(シュンChanもやってね…)

(このプレーをするためには、タケヒK君の素晴らしいカバーリングがあって、初めて出来ることです…タケヒK君もナイスプレー!)

で、本当に素晴らしかったので、もう一度、ナイスプレー!

もう、完全にうちのペース、2試合続けてストレスの溜まらない試合…
年に1回くらいは、これくらいのご褒美も許されるでしょう…

が…

好事魔多し…

この言葉を使い始めてから、言葉通りになってしまうことが多々あるので、もう使いたくは無いんですが…

前半終了間際、ミスで失点…
後半も攻めてはいるんですが、大好きな追加点を奪えず、終了間際相手FKで同点に追い付かれる…

サッカーの神様って、やっぱりいるんですねぇ…
私の気持ちが調子に乗りすぎると、必ずいさめてくれる…

なかなか勝てなくて落ち込んでいるときは、たまにご褒美をくれたりもするんですが…

結局、日々その繰り返しです…

ミッキー 2-2 ヘラクレス

点を取って、初めて勝てなかった試合(公式戦)、しかも追い付かれるという残念な展開…

でもね…

ちょっと、ポジティブに考えてみましょう…
今後同じような展開になったとき、この試合を思い出せば、きっと更に慎重に闘ってくれるはず…

はず…

まぁ、コーチの目指した1位抜けは叶いませんでしたが、苦い経験を積みながらも、最低限のトーナメント進出を果たすことが出来たので、むしろ順風満帆にいくよりも良かったと、もう一度ポジティブに考えましょー!

引率、応援をしてくださった保護者の皆様、ありがとうございました。

設営、審判をしてくださった塩田、タクミ、そして重盛コーチ(担当外なのにありがとー!)ありがとうございました。そして、お疲れさまでした。

追記

くどいようですが…

このチーム立ち上がりのことを考えれば、第3グループに入ることさえ、危うい状況…

なんとか真ん中より上のグループに滑り込み、そして最低限の目標3位以内を目指した訳ですが…

それも、見事にクリアし、素直に、良くやりました!と、手放しで誉めてあげてもいいところですが…

日々強くなっていくチームに、どうしても高度な要求が増えてしまい…

結果、後期リーグでは1度も負けてはいないのに、試合後のミーティングでは、まるで負けた後のような状況もしばしば…

3年連続の5、6年担当、3年目になりますが、代表の試合に5年生を連れて行かないのは、今回が初めて…(最初のうち、ちょっと連れて行ったこともありましたが…)

単純に、6年で通用する5年生がいないと言うのが、一番の理由ではありますが、歴代でも素晴らしいチームワークのこの子たちだけで、なんとか闘わせてあげたい、という情も無いといったら嘘になります…

しかし、勝負の世界、情けは禁物か…そんなことも思い始めてしまいました…

5年生を呼ぶべきか…

最近、いっちょまえに私に意見するようになった、塩田コーチにもせっつかれていますし…

ただ今、悩み中…
(もちろん、保護者の方々のご意見を聞くことは出来ませんが…)

選手の諸君!

レギュラー、そしてやりたいポジションを勝ち取るために、もう一度チーム内で(5年生も含め…)危機感を持って闘ってください…

(強いチームを目指すなら…)

勝負の世界は、厳しいですよぉ…

8ブロックU-12リーグ(後期)

宇留賀です。

9/23(祝) 辰巳G

後期リーグ、真夏の行事を挟んで3戦目からですが、一応フェスティバルでひとくぎりついたので、ここから最終学年後半戦の始まりです…

vs 品川SJC

正直、大田区以外のチームの実力は、なかなかわかりません…
まぁ、前期の結果で同じパートに入っているので、似たような実力ではあるとは思いますが…

しかし、コーチとしては、今のこのチームが、第3グループでくすぶっているチームだとは思っていないので(思い上がりや勘違いでは無く、冷静な判断で…)

素晴らしいゲームで、勝ちを納めてくれると信じていました、が…

好事魔多し…

なんだかバタバタしてしまって、パスがまともにつながらず、なんとかシュートチャンスがきても、枠に飛ばない…

全てのキックの精度の無さ…

当然得点出来ず…

つい最近こんなことを書いた記憶が…

ミッキー 0-0 品川SJC

基本が全くダメ…
闘う気持ちが全く無し…

活!

そして、次戦へ…

vs 深川レインボーズ

なんだかバタバタしてしまって、パスがまともにつながらず、なんとかシュートチャンスがきても、枠に飛ばない…

全てのキックの精度の無さ…

当然得点出来ず…

記憶が定かではないが、どこかで同じようなことを書いた気がする…

ミッキー 0-0 深川レインボーズ

勝ちきれなかったこともさることながら、内容がここ最近ではワースト1、2…

どうしちゃった…?戦士たち…

全く闘ってないぞ…

気持ちが闘って無いから、全てが消極的…

で、悪い方へ悪い方へ…

基本の基本、インサイドキックもまともに出来ず…

勝てそうな試合ではありましたが、負けなくて良かったと、切り替えるしかありませんねぇ…

なんにしても、この短い時間で技術が突然上がる訳ではないので、とにかく闘う気持ちを取り戻すため、おだてて、なだめて、すかして、最後にもう一度、活!を入れ次戦へ…

vs 大森FC

1日3戦…

モチベーションを保つのが非常に難しい…

しかし、それは取り越し苦労なのか、選手たちはコーチの気も知れず、リラックスムード…

(2試合続けて、だらしない試合をして、よくこんなに楽しそうに笑ってられるなぁ…とは思うが…プロじゃないしねぇ…むしろこの切り替えの速さが、いいことなのかもしれませんねぇ…)

で、大森戦…

本日の3戦の中では、過去の戦績を参考にすると、たぶん一番強そうな相手…

今日2戦の内容を考えると、かなり厳しい闘いになりそう…

と、思いましたが…

相手チームは、どちらかと言うとうちと同じパスを回すスタイルで、結果的には組みやすい展開に…

そして、前半CKの混戦から、タケヒKが押し込み、本日待望のゴーーーーール!

(やはり、これが無いと盛り上がれませんよねぇ…)

ハーフタイム、とにかく守りの気持ちにならないことを伝えて、送り出す…

いつだったか、相手が3バックの時、前線でのプレスのかけ方を指導したことがありましたが、それを覚えていたのかソR君、素晴らしい献身的なプレーでした。(覚えて無くて、たまたまだったのかもしれませんが…)

ナイスプレー!

(1、2試合目、途中交代だったので、ちょっと頑張ってみたのかも…)

もちろん、その献身的なプレーを毎試合やっているシュウT君、更にナイスプレー!
(点を取っていただければ、更に嬉しいですが…)

で…

お互いに、なかなか良いサッカーを展開しながらも、両者譲らず…

そして、タイムアップの笛で、見事に勝利!

もちろん勝ったから、というのもありますが、それだけでは無く、3戦目にして、やっと良いサッカーを見せてもらえた、という感じです…

これで、なんとか残り3戦、3位以内に入る望みを残したまま、闘えることになりました…

それにしてもハラハラドキドキ、不思議なチーム…

点を取れば勝つというジンクス、今だ継続中…

そして、後期リーグ今だ無失点…

判断ミス、その他もろもろで、危なっかしい場面も多々あったのに…

ホントに不思議なチーム…

気合いを入れ直してもらいましょう!

頑張れ!

頼むぞ!

愉快な仲間たち!

引率、応援をしてくださった保護者の皆様、ありがとうございました。

設営、審判をしてくださった塩田コーチ、タクミコーチ、ありがとうございました。そして、お疲れさまでした。

追記

教えれば教えるだけ、見事に吸収し、それを実戦で見せ始めてくれた選手たち…

それならば、と、ここのところの練習では、少し高度なことも取り入れてみましたが…

もう、大丈夫だと思っていた、肝心な闘争心のほうが薄れてきてしまった…

そして、大分良くなってきたと思っていた、基本的なプレーも、メッキが剥がれてきてしまった…

また、逆戻りか…

基本練習に終わり無し…

(今のこのチームが、第3グループでくすぶっているチームだとは思っていないので…)

それは…

コーチの…

思い上がりで…

しかも、勘違いで…

まだまだ冷静な判断が出来ない、未熟なコーチということでした…

3年生練習試合

折笠コーチより3年生の練習試合のコメントをいただきました!

9月13日 京浜島グランド 仲六キッズの招待で、開桜・入二と4チームで三年生の練習試合

二年生も呼んでA、B2チームで参加。
当日はJr.リーグ有り、担当コーチの都合も有りで担当外では有りますが、二・三年親コーチと共に参戦しました。
私は三年主体のAチームの試合を…。

VS 仲六 2‐1勝
VS 開桜 1‐4負
VS 入二 0‐4負
三決 VS 仲六 0‐1負
昨年担当していた事も有りますが、少し厳しめのコメントを少々。
どのチームとも基本技術の差が大きかった。『止めて蹴る』が『止められないから蹴っとけ』になってる。二人組の基本練習の大事さをもっと考えないと。
皆が自信無さげにプレーしてる。自信を持ってプレーすれば出来るはずなのに。所々いいプレーがあるんだから。

まだまだこれから、自信と技術を身につける様に頑張りましょう。

早くから引率、応援して下さった保護者の皆様、設営、審判をして下さったコーチの方々お疲れ様でした。そしてありがとうございました。

最後に
三年生!!『今日の試合はどうだった』の答えに『楽しかった』は、もう卒業しようね。
あと、Aチームのベンチ、座っているのが一人は寂しかったよ…

折笠コーチありがとうございました!3年生お疲れ様!

フェスティバル 3位決定戦

DSC_0688.JPG

宇留賀です。

9/5(日) 六郷G

3位決定戦。

本来なら、先週準決に負けた後、午後に行われる予定でしたが、雨のため延期…

これが微妙にきつかった…

その日のうちに上手く3決に勝てれば、一応最後に勝って終われるので、終わり良ければすべて良しで、なんとなくムード良く終われたり…

その日のうちに、負けてしまえばしまったで、やはりうちは、まだまだ力が足らなかったと、ある程度の諦めもつく、はず…

なのに、1週間伸びたことで…

ふっ、と気付けば、ぐずぐずと田園調布戦を振り返って、あーでもないこーでもない、と…物思いにふける、私…
仕事中でも…

長い1週間でした…

vs 大森キッカーズ

とにかく、3位になるとかならないとかでは無く、このままずるずると連敗したくない…

万が一負けてしまうと、あの頃のひ弱だったチームに、逆戻りしてしまう危険性さえある…

なので、なんとしてでも勝ちたい試合ではありますが…

先週準決での、大森キッカーズの試合を思い出すと、負けたとは言え、かなり手強そう…

キックオフ。

前半、始まってみると、うちがリズム良くとても良いサッカーで、相手陣内に攻め込んでいます。
押し込まれることも覚悟していたので、改めてこのチーム、やっぱり強くなったんだなぁ…と、感傷にひたる…

そうこうしているうちに、ケンシNがやってくれました!

左に流れてきたボールを、キーパーポジション確認後、ダイレクトで見事なゴーーール!

ナイスプレー!

1点でも取れば、勝つというジンクスを信じて、ベンチで見守る中、準決でだらしないメンタル面を披露したスタメン落ちのシュンChanに、「後半から行けるか!」と聞いてみたところ…

「んーっ…」と首をひねるばかり…

もう一度聞いても、小さな声で「わからない…」と…

青春スポーツドラマのように「はい!行けます!」なんて言葉を、勝手に思い描いて聞いてみましたが…

コーチ…現実はそんなに甘くはないよ…
と、この歳になっても、今だ選手たちに人生の教訓を教えてもらう、今日この頃…

まぁ、こんな感じなので、今回は出すのをやめようと思っていたところ、体が超固すぎるレN君が捻挫…

なので、後半からシュンChan投入…

自分のことは自分が一番わかっているんですねぇ…

出来るかどうかわからない、と答えていましたが、やはり精彩を欠いたプレーが多かったです…
(余談ですが、次の日の練習では、一番元気が良く、なおかつ声もよく出てる…今だこの選手、よくわからず…)

試合のほうは…

うちが常時押しぎみで試合を進め、待望のタイムアップの笛!

ミッキー 1-0 大森キッカーズ

優勝した入二から、2点も奪ったチームを、無失点に押さえました!
しかも、記憶が正しければ、シュートらしいシュートは1本も打たせていない!

(守護神がにらみを効かせているので、相手がビビって打てなかったのかも…)

ナイスプレー!

ナイス勝利!

去年、決勝で負けたチームに、雪辱を果たすことができました!
(お互いメンバーは違いますが…)

私の中では、今後のこのチームの行き先を占う意味でも、ものすごく大事な試合になると、位置付けていました…

なので、逆にかなり冷静に見てたつもりです、が…

本当に良いチームになりました。
素晴らしい成長です。

あとは、選手ひとりひとりが慢心しないように、手綱を緩めず突き進むだけですね…

もちろん、更に強いチームに勝つためには、まだまだ足らないものがありますが…(メンタル面も含め…)

それを身に付けるためにこれからも、厳しい練習をみんなで続けていきましょー!

暑い中、選手たちと一緒に闘ってくださった保護者の皆様、本当にありがとうございました。
これからも共に闘いましょう!

設営、審判をしてくださったコーチの皆さん、ありがとうございました。そしてお疲れさまでした。

追記

第3位…

前年度の成績は上回れませんでしたが、素晴らしい成績だと思います。

この選手たちが、まだ5年生で、闘争心もほとんど無かった去年の今頃…
そして、新代表が立ち上がった、つい3、4ヶ月前の相変わらずひ弱な選手たち…

そのチームがフェスティバルで、ベスト4に入り決勝トーナメントに進出出来るとは、正直思ってもいませんでした…

ターニングポイントは、6月16日城東フェニックスと東ーとの2連戦…

この時は確か、初の1日2勝だったので…

試合後のコーチ陣のコメントも、必然と誉める言葉が多くなり…

それに対して保護者の皆様から、コーチコメント終わりの度にいちいち拍手…

なんだか、ものすごい弱いチームが、やっと勝った!感が漂い、ちょっと(かなり)恥ずかしい…そんなコメントをした覚えがあります…

そんなチームが、そこからは…

快進撃!

8ブロ、大田区の試合に限っても、今回のフェスティバルまで、9勝1敗1分。

ナイス勝率!

フェスティバルでひとつ区切りが付き、これでとりあえず代表での前半が終了です…

ハーフタイムもそこそこに、すぐに後半戦が始まります…

選手の皆さん、この良いリズムを崩さずに、更に勝ち進んでいきましょう!

ただし…

好事魔多し…

もし、このblogを読んでくれている選手がいたら、意味を調べて、心にきざんでください…

宿題…

フェスティバル 決勝トーナメント

宇留賀です。

8/30(日) 六郷G

前日のBクラス(5、6年)のA、B2チームが、両チーム共に2連勝し、見事優勝。

その勢いに乗って、Aチームも突き進みたいところですが…

準決勝…

ミッキー 0-3 田園調布…

優勝を狙うためのキップを手に入れる前に、力尽きてしまいました…

それでも選手たちは、最後までよく頑張りました。

内容も、決して悪くは無く…

ポゼッション率も上…
相手陣内でのプレー時間も上…
ルーズボールへの寄せも上…
ヘディングもほぼ勝っている…

しかし、シュートが枠内に飛ばなければ、得点は出来ません…

相手はカウンターのチャンスを確実にモノにすることによって、このような結果に…

まぁ、何を言ってもこれが現在の実力です。

負けてはしまいましたが、向かっている方向は間違ってはいないと思うので、これからも自分たちを信じて(更に強くなると)、これからの練習を続けていきましょう!

そして、これからも続く公式戦を、ひとつでも多く勝ち進んでいきましょう!

まずは次戦、3位決定戦…

もうひとつの準決勝、入二vs大森キッカーズ、雨の中での死闘、素晴らしい試合でした。

負けたとはいえ、大森…
かなり強いです…

このようなチームに、どんな試合をすることが出来るか…

ここが、正念場です…

ここで、しっかりとした闘いが出来るかどうか…(勝ち負けは置いといても…)

とても、大きな意味のある闘いです。

あの頃の君たちに逆戻りか…

更に上を目指して突き進むのか…

全力で闘いましょう!

残念な結果になってしまいましたが、最後まであきらめず応援をしてくださった保護者の皆様、ありがとうございました。

朝早くからの設営、雨の中での審判をしてくださったコーチの皆さん、ありがとうございました。そして、お疲れさまでした。

追記

一応、問題点にも軽く触れときますか…

予兆はありました…

森ヶ崎、集中練習…

集合時間になり、いつものように出席を取り始めたころ…
遅れて歩きながら来る選手…

こんなときはどのコーチも、決まって「走れー!」と言うわけですが…

みんなの前で注意されたのが、気に入らなかったんでしょう…

この選手、全く走ろうとせず…

なので、もう一度「走れー!」と言ってみましたが…

意地になって、やはり走らず…

へそを曲げて、あるモードに突入すると、何を言われてもやろうとしなくなる…

とうとう、それが試合中に出てしまいました…

そして、挙げ句の果てに泣いちゃった…

さて、さて、これからどうしましょう…

ただ、ただ、メンタル面の成長を願うしかないですねぇ…

東京都大田区のジュニアサッカークラブ ミッキーSC
Powerd by IT活用支援のUNIKsystems